2015.09.26 マイナンバー通知までもう少し

こんにちは。管理課のTです。

もうすぐマイナンバーの通知が始まりますね~。
皆さんご存知でしょうか?
私は内容がイマイチよく分からなかったのでネットでちょっと調べてみました。(間違えてたらごめんなさい)(・ω・)

というわけで?今回はちょっと真面目なお話しをさせてもらいます。

・マイナンバーとは?
→国家が国民ひとりひとりに番号を割り当て、個人の所得や年金、納税などの情報を1つの番号に
ひも付けて管理する目的でつくられる「共通番号制度」のこと。

・施行されるのはいつからか?
→2015年10月5日から通知が始まる。2016年1月から施行。
通知の際は紙製の「通知カード」が送付される。(※通知カードであって、マイナンバーカードとは別物)

・マイナンバーカードとは?
→「個人番号カード」といわれるもの。通知カードが紙製で身分証明証として利用できないのに対し、
マイナンバーカードはプラスチック製で、マイナンバーのほか、氏名、住所、生年月日、住所、
性別が顔写真つきで記載されており、公的な身分証明証として利用できる。
(※マイナンバーカードは全員に配布されるわけではなく、申請することで取得できる。)

・どういった場面で使用するのか?
→社会保障・税・災害対策などの行政手続で使用する。
例:市町村に児童手当の現況届の際に使用
年金事務所に厚生年金の請求の際に使用
勤務先に源泉徴収などに記載するために使用
金融機関に法定調書等に記載するために使用

とまぁざっくりと箇条書きにしてみましたが、結局の所何のために使うのかと言うと
「脱税防止」「生活保護などのいろいろな手当の不正受給防止」って事ですかね。(=Д=)
個人の所得や年金、納税などの情報って事は副業とかも記載されるって事ですし。

自分的に一番突っ込みを入れたいと思ったのは、管理方法ですね。
「一元管理」ではなく「分散管理」を実施します。
・・・ん?(-ω-)
市町村、独立行政法人やハローワークで分散管理。。。ってリスク高すぎやしないか??Σ( ̄ロ ̄;)
百歩譲って都市部は大丈夫としてもハローワークとか田舎役所なんて恐ろしすぎるわ!!
下手したらパソコン触れないなんて言う人がいる可能性があるぞ!!
まぁ一応クレジットカードとは違って現金化は難しいと思うので、多少は安心でき…るといいなぁ~…

そして、年末には「マイナンバー申請詐欺」という言葉が流行りそうな気がする。。。
「個人番号カード交付申請書」を提出していない高齢者をターゲットに市の職員と名乗る人が訪問して
「提出して貰わないと年金受給できなくなりますよ~」とか言えば口座番号とか教える人が多発するんじゃないかな…?(´・ω・`)

そんな詐欺に合わない様、皆さんご注意ください!!
自分ももう少し勉強しておきます

以下参考URL:http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/gaiyou.html